4.20.2017

書体の誕生 講演&展示

4月14–16日に大阪で、フォントに関するイベント「書体の誕生」が開催されました。2014年の第一回目に比べ、今回は参加するフォントベンダーも4社に増え、内容もさらに充実したものになりました。15日、16日にはそれぞれ講演会も行われました。
以前の予告通り、展示には私が制作した展示パネルを出品しました。



【展示】
イワタ、白舟書体、フォントワークス、モトヤの4社による展示の他、手動写植機の実演・展示、坂野公一さんと長久雅行さんの装丁展示、長久さんと私の制作パネル展示といった構成でした。
全体をざっと見渡して、最初に目についたのが、白舟書体の元字展示。フォントになっているものと全然違う! フォント製作用に書家の方が書き起こした文字は、当然にじみやかすれがフォントよりも強く、文字としての魅力に溢れていました。今後、このアナログ感をどこまでフォントで再現できるか、ということが重要になってくるのでは、と思い、担当の方に「もっとアナログ感をお願いします」と伝えました。
モトヤは、以前モトヤ本社の資料館でも見学させていただいた、昔の活字見本帳や、活字の母型など、資料的価値の高い展示が多い印象でした。
フォントワークスは、最近リリースされた「筑紫新聞明朝」と「Monotype Lets」の話題性ある展示が印象的でした。
イワタは、新しい書体として展示されていたイワタ新ゴシック用かな書体や、予告としてパンフレットに出ていた「金属活字直系超極太明朝体」や「丸ゴシック体」が気になりました。

私が展示出品したのは4社の『楷書系書体比較』と、その楷書系書体の漢字を用いて作成した『合成フォント見本帳』です。私がこの展示を出品するのは、書体の楽しさ・奥深さを色々な人に味わってもらいたいからです。デザイナーやWeb、DTP関係の方の何らかの参考になれば、と思います。



PDFデータを用意しましたので、会場でじっくり見られなかった人や、行けなかった人などはダウンロードしてみてください。

◉ダウンロード
楷書系書体見本
・合成フォント見本帳_弘道軒清朝体復刻版編(通常版組継ぎ本版
・合成フォント見本帳_モトヤ楷書編(通常版組継ぎ本版
・合成フォント見本帳_白舟楷書編(通常版組継ぎ本版
・合成フォント見本帳_グレコ編(通常版組継ぎ本版

※組継ぎ本版は、A3サイズに見開き・両面刷りで出力して、組継ぎ本形式で製本できるようになっています。


【講演】
坂野公一さんの講演は、よく使うお気に入り書体の話や、実際のデータを開いての、デザイン制作の方法や設定など、とても参考になるお話でした。
その後は藤田さんと坂野さんのトークセッション。藤田さんのこれまでの書体デザイナーとしてのキャリアと、筑紫シリーズの話、その後どのように新しい書体に取り組んでいるか、という話のなかで、坂野さんがデザイナーとして色々な質問をする、という形式で、リラックスした雰囲気のなか、時折飛び出す藤田さんの本音が面白かったです。こういう話は、実際に足を運ばないと聞けないので、とても貴重な講演だったと思います。
印象的だったのは2人とも自分が「主流ではない」といったニュアンスのことを言い、単に自身が好きなデザインを追求しているだけと話していたことです。にもかかわらず、客観的に見れば2人とも商業的な成功を成し遂げているわけで、本当に凄いことだと思いました。



2つの講演が終わった後、「フォントかるた」大会が開催。20人以上が参加し、予想以上に白熱しました。形状が似ている紛らわしい書体も含む、48種類の札を見分けて、争奪する様子は滅多に見られない異様な光景だったかもしれません。私の成績は12枚程度と、まずまずの成績でしたが、やはり自分が普段使用しないポップ系の書体は難しかったです。

その後、関口さんによるWebフォントの話があり(そうさすのWebサイトも事例として紹介していただきました)、この日のイベントは終了。

イベント後の懇親会では、書体好きなデザイナーの方や、フォントデザイナーの方などと、たっぷりと書体の話ができて楽しい1日を過ごすことができました。

3.28.2017

「書体の誕生」の展示参加します

すでに発表がありましたが、大阪DTP勉強部屋主催による、イベント「書体の誕生」が今年も開催されます。今回も日本語デザイン研究会[中部]として、展示を少しお手伝いさせていただくことになりました。現在展示パネルを制作中。

今回は、フォントワークス株式会社、株式会社イワタ、株式会社モトヤ、株式会社白舟書体の4社が参加とのことで、この4社のフォントで、私なりに書体の面白さや楽しみ方を提案できれば、と考えています。


講演会もとても魅力的なので、お勧めです。

「書体の誕生」詳細

1.07.2017

組み継ぎ本手帳 2017

※PDFデータ配布しています。

昨年、制作した「組み継ぎ本手帳」を1年間使用してみてなかなか便利だったので、今年も制作しました。

デザイン面でのマイナーチェンジをしましたが、基本的には昨年のものとおなじ仕様です。




今回は「羊皮紙」に印刷

説明用紙

組み立て方
1. PDFデータをダウンロード
2. PDFデータを、偶数ページ/奇数ページで両面印刷する(B5サイズ)
3. 説明用紙を参考に、それぞれの紙を2つに折り、A、Bに分けて切れ込みを入れる
4. Bの切れ込みにAのページをくぐらせて、製本する

組継ぎ本参考リンク(詳しい組み立て方など)
組継ぎ本実技(YouTube動画)

◉ダウンロード







12.23.2016

2017年カレンダー

※PDFデータを配布しています。




2016年も終わりが近づき、今年も研究会としての表だった活動がほとんどできなかったことを反省しています。
現在、名古屋(とその周辺)でタイポグラフィを流行らせるために、どうすればよいのか、色々と調査・準備中です。いずれ何かやります。

さて、恒例となりつつあるオリジナルカレンダーを制作しました。
2016年版を1年間自分で使用してみて、改良しました。

デザインのコンセプトは、以下の通りです。

・書体の選定にこだわる
・インテリアの邪魔をしないシンプルで美しいデザインを目指す
・PDFデータ配布のために、プリンタの性能に依存しないデザインにする
・無料配布のカレンダーとして、最良のデザインを目指す

カレンダーというものは、冊子のように束になっているので、壁に掛けるとインテリアを損なう、と常々思っています。どうしても生活感が出てしまうものです。
ですので、ここで配布するカレンダーは1枚ずつプリントアウトして、製本せずに使用する形式を採用しています。キレイに貼れば、インテリアを損なうこともあまりないと考えます。
この方式だと、例えば2ヶ月分を同時に並べて貼りたい場合にも使えますし、張り方も縦にも横にも並べられます。データの用紙サイズはA4ですが、用途に応じて拡大・縮小してもよいと思います。
プリントする用紙も、お使いのプリンタとの相性も考えつつ選んでみると楽しいかもしれません。

仕事場用にA3サイズに拡大して貼ってみました

使用書体については、今回は「彫刻系」の繊細で鋭い書体を中心に選んでみました。

月漢数字  ……光朝
月かな   ……痩金体
月英語・数字……Cochin
曜日    ……花胡蝶
年漢字   ……凸版文久見出し明朝体
祭日名   ……筑紫アンティーク明朝



◉ダウンロード
カレンダー2017(A4サイズ)

※データのダウンロード、プリントアウトはご自由にどうぞ。営利目的の再配布や、印刷は不可とします。データの改変も不可です。

10.28.2016

なのしおり更新    ゴシック体編追加

昨年公開した「なのしおり」、裏面用にゴシック体編を制作し、アップデートしました。両面刷りで、プリンタ出力してご利用下さい。

※「なのしおり」制作の経緯についてはこちら

ゴシック体の選定には迷いました。「世間でよく使われている」「手に入れやすい」「おすすめしたい」の3つの基準から、バランスよく選定したつもりです。

しおりの大きさは文庫本を想定していますので、小さいですが、ゴシック体編も加わったことで、雑誌などにも挟んで使っていただければ、と思います。





◉ダウンロード(PDF)

3.14.2016

『紙手水本Ⅱ』に
「なの帳」掲載

2014年に開催された、神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン展「PLATEAU」の組み継ぎ本コーナーに出品した、日本語デザイン研究会[中部]制作の『なの帳』を、同展覧会図録にあたる『紙手水本Ⅱ』に掲載していただきました。


奥付をみると、本書の制作には戸田ツトムさんと赤崎正一さんが監修されているとのことで、やはり造本・デザインは品質が高く、とても凝っています。特に表紙はすべて活版印刷で、紙の質感とともに、視覚・触覚が心地よく刺激されます。組版校正は、組み継ぎ本考案者の前田年昭さん。こんな豪華メンバーが制作に関わっている本に掲載していただいて非常に光栄です。


『なの帳』は、前田さんの組み継ぎ本紹介ページの写真に大きく掲載され、私を含めた制作者名と、他の組み継ぎ本出品者の名前も記載されています。


本書は、AMAZONでも購入できるようですので、興味のある方は是非手に取ってみて下さい。絵画・イラスト作品や、タイプフェイスデザインなど、幅広いジャンルで質の高い作品が多数掲載されています。

◉リンク(AMAZON)
紙手水本』(新宿書房刊)




1.03.2016

カレンダー2016

※PDFデータを配布しています。
今年もカレンダーを自作しましたので、PDFデータを配布いたします。
昨年のカレンダーを1年間使用してみて改良しました。今年のものは祭日の名称や罫線が入っています。

◉ダウンロード
カレンダー2016(A4サイズ)